生命保険の意義とは

生命保険はおはやめに

結婚したら保険に入る

職場のある友人が結婚後、奥さんに生命保険に入らされてしまったとぼやいていたことがある。こういった商品というものは、何かしら触れたくない一面があるのも確かだ。自分の人生には限りがあるのを理解しろと押し付けられるようなところがであろう。それでも、やはり結婚したら、特に、男性にとってであるが、家族の生活を支える中心人物なのだから、何かあった場合のその保障を考えるのは責任として当然のことに思える。また保険は若いうちに入れば入る程掛金が安く済み、その掛金が続くので、躊躇することなく自ら加入を考えるべきであろう。

結婚を機に人生の備えを考える

結婚をし、いざ家計を任されてみると以外に自分の支払っている保険料が高いことに気付いた。近くの窓口へ行き相談してみた所、保障の額が大きかったところ。そして、掛け捨てではなくお祝い金が付いていたということ。お祝い金は一見儲かったように思えるが実は自分が支払っているお金で賄っているということ。同じ保障ならば掛け捨てで十分なのだ。現在、どの会社も競争が激しくいかにして客を獲得しようと必死なのであろう。私も何も分からず進められるがまま加入していたが見直すことによって今の自分にどんな保険が必要なのかがわかった。

保険の契約についての情報

Copyright 保険料の負担と受取人 All rights reserved.