保険の負担と貯蓄

保険料と家計について

保険は保障と金額バランスが大事

生命保険は万が一に備えてとても重要なものです。人によって複数の商品に加入することが多いですが、数が多かったり、手厚い保障だと掛金も高くなり、家計の圧迫を招きます。保障と金額をバランスよく設定することが大切です。加入しない代わりに、その分貯蓄をしてお金をため、いざという時の備えにするという考え方もあります。大きな貯蓄があれば、加入していなくても大丈夫な場合もあります。しかし、最低限の保障に加入しておくことが安心であり、保険に加入していることで、年末調整で控除額を得られます。税金の控除により、負担も減ります。

税金の控除額について

生命保険に加入して掛金を支払うと、所得から一定額が控除されます。所得が減ると所得税が減りますから、結果として所得税の節税効果が見込めます。金額は年額2万5千円以下であれば全額控除されます。全額控除を受けたいのであれば、掛け金が月に2千円程度のものを選ぶと良いでしょう。年に10万円を超える金額を支払った場合には一律5万円の控除となります。仮に掛け金が10万であれば、50%の5万円だけの控除となりますが、控除額としては最高になりますので、所得税を抑えたい場合には年に10万円を超えるような保険に加入するのも手です。

保険の契約についての情報

Copyright 保険料の負担と受取人 All rights reserved.