保険の契約者と受取

保険料の負担と受取人

生命保険の契約者について

生命保険に加入をする際には、書類を作成しなければいけません。その書類には虚偽のないようにしなければいけないのです。これは一般的な保障のすべてにいうことができます。契約者が保障される人になります。実際に掛金を支払う人、ということもできるのですが、必ずしも契約者が掛金を支払わなければいけないというわけではありません。子供向けのものであれば、その保護者が支払いをするということになっています。保険を契約をする際には、どれくらいの保障が必要になるのか、考えることも必要です。プランもたくさんあるので、選ぶことも必要です。

契約者と被保障者について

生命保険に加入する時には必ず契約者と保障を受ける人が必要になります。契約者は毎月のお金を支払ったり契約や手続きをする人になります。入院や手術などで給付金を給付される人になります。このことからお金を支払ったり契約ををしたりする人が死亡してしまうと契約が消滅してしまいますので契約の時には両方を同じ人にしておくほうが良いのです。年齢がいくに付けて毎月の掛け金が高くなりもの凄く家計の負担になりますので若い頃から契約して両方を同じ人にしておくことをお勧めします。私もこの事を知ってから保険の契約を見直して加入しなおしました。

お知らせ

2013-08-09 がん保険で安心の治療が追加されました。
2013-03-18 生命保険の意義とはが追加されました。
2013-03-18 保険控除の改正施行が追加されました。
2013-03-18 保険の負担と貯蓄が追加されました。
2013-03-18 トップページが追加されました。

保険の契約についての情報

Copyright 保険料の負担と受取人 All rights reserved.